メンズファッションを学びたい
 オーダースーツフィッターになりたい
  ファッションビジネスを確立したい
ニュース
2016/11/09
30代が持っておくべきスーツとは

 

%e7%b4%ba%e7%84%a1%e5%9c%b0
30代になると後輩も増えてきて、役職にもついてきたりします。

もう若手ではない。

落ち着いた年相応なものも必要となってきます。

 

必ず持っておきたい一着とは
<紺無地のスリーピーススーツ>です。

 

初めてオーダーされる方やここぞ!という時のグレードの高いスーツをお持ちでない方には特にお伝えしています。

 

30代になると目上の方とお会いすることや改まった場に出る機会も出てきます。
その時に派手なスーツやカジュアルなものでは失礼にあたります。
場合によってはその様な場に招待、紹介出来ないということも発生します。
紹介者も被害を被りかねません。

それだけでビジネスチャンスを逃しているので非常にもったいないですよね。

 

最も失礼にならないのが「紺無地」です。

 

シャツタイによって様々な印象を与えたり、コーディネートもしやすいといった特徴もあります。
また結婚式などにも使え、スリーピースでベスト付きにすることにより品格や華やかさが増します。
ホテルなどある程度格式ある結婚式場で参列される際は間違ってもストライプやチェック柄がくっきり入ったビジネススーツなどは着ないでください。
若手なら知らない、でまだ許されます。

しかし30代で着用していてはそれは通用せず、一般常識のない方と受け止められてしまいます。新郎新婦の品位も下げてしまいます。

 

また紺無地の場合は品質にもこだわりましょう。
サイズ感は言わずもがなですが、生地や仕立てなどクオリティーの差が非常に表れます。
シンプルな物なのでごまかしが効きません。
良いものとそうでない物の差が明確にわかってしまいます。

 

いざという時に慌てない為にしっかりと準備しておきましょう。

 

★S-style

HP: http://s-style-fashion.com/

 

S-style 代表【イメージスタイリスト®】
一般社団法人 日本スーツ大学教授
株式会社未来総合研究所 外部講師
立教大学卒業後、㈱東武百貨店に8年間従事。
紳士服売場にて仕入れや企画を通して本質を見極める眼を養い、オリジナルショップの運営を手掛ける。また、10000人を超えるお客様のコンサルティングセールスを行う。
≫ 詳細はこちら