メンズファッションを学びたい
 オーダースーツフィッターになりたい
  ファッションビジネスを確立したい
ニュース
2017/09/04
「同行ショッピング」サービスの難しさ


前回お伝えした「パーソナルスタイリスト」のサービスのメインが「同行ショッピング」です。

同行ショッピングははじめやすいサービスです。
それゆえに「差別化」が難しいコンテンツとなっています。

なぜなら「無形のサービス」だからです。
この目に見えずらいサービスに人によってはお金を支払いづらいかもしれません。

一般的に商業施設でお買い物をすると、販売員の人がいるからです。
販売員がスタイリングやコーディネートを提案し、接客をしてくれます。
それと何が違うのか??

そこに対して対価を払うという点でハードルがあります。

さらに無形の商品なので実績などが問われます。

ではそうした時に差別化をどの様に考えていけばいいのでしょうか?
以前私がファッション業界人の専門新聞である「繊研新聞」に掲載したコラムと共にご覧下さい。

※「繊研新聞」より引用

 

—————————————————————————————-

S-style

*日本初の「イメージスタイリストアカデミー」

・ファッション業で起業したい

・メンズファッションを学びたい

・オーダースーツ事業をやってみたい

ファッション業界での働き方などお気軽にご相談ください

HP: https://image-stylist.jp/

mail: info@s-style-fashion.com

S-style 代表【イメージスタイリスト®】
一般社団法人 日本スーツ大学教授
株式会社未来総合研究所 外部講師
立教大学卒業後、㈱東武百貨店に8年間従事。
紳士服売場にて仕入れや企画を通して本質を見極める眼を養い、オリジナルショップの運営を手掛ける。また、10000人を超えるお客様のコンサルティングセールスを行う。
≫ 詳細はこちら