メンズファッションを学びたい
 オーダースーツフィッターになりたい
  ファッションビジネスを確立したい
ニュース
2017/08/23
「パーソナルカラー診断」を受けたい人

 


前回お伝えした「イメージコンサルタント」という職業。

 

イメージコンサルタントの人で、差別化がなかなか出来ていない点。

それは「カラー診断」です。

 

多くのイメージコンサルタントの方はパーソナルカラー診断を行っています。

その人に似合う「色味」を選んでいきます。

 

ただ、ホームページやWEBで検索していただくと分かるのですが、このカラー診断というのは、なかなか差別化を図っていません。

 

ただカラー診断をしているだけだと、選ばれるのは実績のある人、経験のある人です。

そして「価格競争」に巻き込まれてしまいます。

 

価格で安いところやSEO対策をしているところが検索で上位に上がってくるため選ばれてしまいます。

そうならないためにもしっかりと差別化をする必要があります。

 

例えばただカラーコンサル、ただカラー診断をしているという人よりも、

「30代女性 婚活をされている方に向けたカラー診断」

というように具体的人物像やターゲットを決めたカラー診断をします。

そのことにより、

「その人がモテる」「男性ウケが良くなる」、そこから「成婚へと近づける」

といったステップがあれば、そのお客様には響きます。

 

その様な差別化や特色を打ち出す必要があります。

 

次回は「パーソナルスタイリスト」についてお伝えします。

—————————————————————————————-

S-style

*日本初の「イメージスタイリストアカデミー」

ファッション起業コンサル・メンズファッションアカデミー・オーダースーツアカデミー

ファッション業界での働き方など気軽にご相談ください

HP: https://image-stylist.jp/

mail: info@s-style-fashion.com

S-style 代表【イメージスタイリスト®】
一般社団法人 日本スーツ大学教授
株式会社未来総合研究所 外部講師
立教大学卒業後、㈱東武百貨店に8年間従事。
紳士服売場にて仕入れや企画を通して本質を見極める眼を養い、オリジナルショップの運営を手掛ける。また、10000人を超えるお客様のコンサルティングセールスを行う。
≫ 詳細はこちら